二人三脚のローカルページV-2
 
 チェッカーベリー栽培記録
2015年6月5日~2016年6月29日
2016年12月11日現況報告UP
 栽培・記録 山口純一
 
 3年前に購入した株から挿木で殖やした株の栽培の記録です。

元株は、冬に赤い実を付けた状態で購入し翌夏に枯らしてしまいました。この株は、元株が枯れる前に一節
プランターに挿木したもので、以来プランターの隅でひっそりと育ってき、今回日の目を見ることに成りました。
昨春は、数輪花が咲いていましたが関心なく放置していたところ、実は成らず樹勢も弱く、みすぼらしい状態で
夏~冬を乗り越え、今春3月に鉢上げし今日に至っております。
プランターでは、通常園芸用土に植わっていた為根洗いし、ピートモス60%+桐生砂40%に鶏糞少量の用土
に変更しました。
今のところ樹勢良、先月 蕾が多数生成し今月から咲き始めてきました。
幼実ができ、暑い夏を無事越せるのか?赤い実を付け冬季の鑑賞に堪えうる樹と育てることができるのか?
2015年6月より随時栽培を記録していきます。

さてさて、一年間記録ができるのでしょうか?乞うご期待!

 2015年6月 (現況)
 
花が咲きはじめました。
   
 撮影日 6月5日
 
 蕾が全て白い花様に変容し、内2輪が開花しています。
もう少し開花数が増えれば細筆で人工授粉を行おうと思います、花はブルーベリーを一回り小さくしたような
形状で受粉作業がしづらい事が予想されます。


 八分咲きです。
   
 撮影日 6月10日
 
 多くの花が開花しました。

本日、人工授粉を試みました。
ブルーベリーの受粉作業に使用した面相筆の毛の量を半分に減らし(ナイフで削りとる)、花内を突っついて
みました。 
右上の写真は、その際花弁が取れたものです。
さて、白い丸いものは??
 
 2015年7月 (現況)
 
実が出来てきました。
   
 
 6月10日の”白い丸いもの”は、実でした。人工授粉作業前に既に受粉していたようで、それがどの様な
メカニズムで行われたのかは分かりませんが人工授粉させたものと同様に順調に育っています。

 人工授粉は必要でした。
   
 6月14日撮影  7月29日撮影
 
 上の写真は、6月10日の授粉時に発見した白い丸い実が人工授粉を施したものと同様順調に実として
成長しているのをうけ受粉作業をしなくても結実するか?を実験したものです。
黄色い矢印近くの花に人工的な受粉作業を行いませんでした、その結果が7月29日撮影のように全ての
花が結実しませんでした。先の”白い丸いもの”を生成した花は風媒か虫媒により受粉したと考えられます。

尚、上の写真で判るように株が猛暑の影響をうけているのが見てとれます。

 2015年9月 (現況)
 
   
 9月4日撮影
 
 8月の猛暑何とか乗越えられました。
樹勢は決して良好とはいえません、先月は数度と枝先や新芽の枯れが発生し都度水を遣ったり控えたり、
スプレーしたりとアタフタ対応の結果が上の写真であります。
チエッカーベリーはクリスマス前後に赤い実を付けた状態で花屋の店先に出回りますが我が家のベリーは、
只今実が赤く色付き始めました。これって早くないのかな?

 2015年10月 (現況)

植替えしました。
 
  
   
   
 
 随分と涼しくなってきましたが樹勢の方はなかなか回復しません。

葉にしわがより実も肥大していません、根腐れの恐れがある為植替えをおこないました。
用土はピートモス50%+桐生砂50%で今回は肥料分は0%とし、軽目の葉刈りと実の切除、根洗いをおこない
同鉢に植え付けました。
灌水管理の為、今回はマルチング無しとします。

 2016年1月 (現況)
 
   
 1月12日撮影
  
 前回の根洗い植替えのダメージは見受けられません。
葉は冬葉色に変わっています。樹勢は良くないものの今冬はのりこえられそうです。植替え以降少し辛目の水遣りを
心がけているのと桐生砂の効果もあり 用土の乾きが早く感じられましたのでミズゴケで用土を覆いました。

 2016年4月 (現況)
 
   
 4月7日撮影
 
 随分温くなってきました、桜は満開です。
冬葉色の葉が緑色に変容してきました、まだ新芽の生成は無くボリュームも貧弱なままです。

 
 2016年5月 (現況)
 
   
 5月24日撮影
 
  初夏に入りました。
  相変わらず貧弱なボリュームで古葉もカサカサした姿とあまり美しい状態ではありません、今月に入り新葉の
  展開と花芽が生成してきました。

  一年近く栽培観察して感じることは”用土を湿らせ気味にしている方が成育が良いのでは?”と言うことであり
  ます、乾燥気味にするとすぐに葉がカサカサになり枝先が枯れこむ傾向がみられ最近は根腐れを心配しつつ
  やや過剰(表土の乾きを待たず)なぐらい灌水を行なっています。
 
 2016年6月 (現況)
 
6月12日 開花
   
 6月12日撮影
 
  開花し始めました、昨年より一週間遅い開花です。

  
 6月29日 現況
   
 
   結実してきました。

  萎れ気味な花弁を脱ぎ捨て幼実が次々現れてきます、株のボリュームも然程変わらずではありますが取り合えず
  目標としていた通年にわたる栽培記録は達成できました。この間の栽培で感じた(得た)チェッカーベリーの育成
  ポイントと感想を下記に記しておきます。

  ポイント
  1)とにかく水切れをおこさせない!
  2)株基を蒸れさせない!
  3)適度な遮光? (度合い不明)

  感想
  夏場に 出来るだけ樹勢を落とさず養成できるか!が重要!
  手軽な対応策としては、1)半日陰に置く 2)こまめな水遣り 3)透かし剪定 が有効と考えられますがそれでは大株
  に仕上げることが出来ません、ショップで見かける実が鈴なりになった大株で葉艶も良い株に仕上げるには当地
  (千葉沿岸部)でのベランダ栽培では不可能ではないか?が今の処の所見です。

  と、いう経過感想を得たところで”栽培記録”は一旦終了とさせていただきます。
  勿論栽培は継続し、取り合えずは今冬に実を付けた状態で鑑賞に堪えうる株に育て上げる心算です。
  
  番外 12月11日の現況
 
 
    上記感想で記した対策 1)半日陰に置く 2)こまめな水遣り 3)透かし剪定を実行し 鉢増しをおこない
   上の写真に至りました。
   ほぼ倍くらいの大きさまで成育しています、樹勢も良 枝?を多く伸ばしています、これで実付きがよく
   成れば・・・
   
 
 
   ミニミニ園芸 扉に戻る