二人三脚のローカルページ 特別号
Kumaの旅行記 後編

<記 バンクーバーにて>



1月31日〜2月17日 フランス

 フランス滞在18日間 終わっちゃいました。
終わればあっという間だけれど、のんびりしてたなぁと思います。
目的の、 『パリにいるのになんにもしないぶらぶら』 がちょいちょいできた。
贅沢だぁ。
もちろん、欲張りDAYも多々ありました。

<その1> : ひたすら歩くDAY。

4区→3区→2区→1区→8区と歩いたよ。片道8時間。。。帰りはメトロ使いました。
えーと、犬の××だらけ。それも含めてパリでしょうか?つかれたけど、いい気分♪
パリの地理つかむ。


<その2> : ミュゼDAY。

パリ毎月第一日曜日はほとんどの美術博物館が無料です。
というわけで、ルーブル+オルセー+近代美術館=くたくたkkk



 ルーブル朝一番で行ったら、すんごい行列!!!でも、私並ばずkkkネット様様♪
マイナー入り口から入ったら、10分も並ばずに入れちゃいました・・・わぉ。
ルーブルの絵画はタイプではないみたい、(はだかんぼさんばっかしkk)。
アフリカやなんかから掘り起こした昔の装飾品とか、人形とかが興味深かった!
モナリザの周りの人だかりが面白かったし職員にナンパ(?!)されたのもおかしかった。
しかし、広い広い。2時間うろうろしましたよ。

 オルセー♪昔 駅だったんだって?!
建物だけで、テンションあがる!!! 絵画写真撮影禁止なの。ま、それが普通か。
よかったよ。
思ってた以上に狭いのね。ルーブルの1/6位かな?たっぷり2時間楽しみました。


すっかり日暮れ、へとへとになって帰宅。

 

 宿の1ブロック隣がポンピドゥなのさ、夜9時まであいてるのよ。
父ちゃんが、最上階の景色が良いって言ってたし、せっかくなので立ち寄ってみた。
景色よかったよー。エッフェル塔からはもちろん”塔”は見えないわけで、こちらのほうが
パリを見渡せるかんじした。
モンパルナス+夕日+塔+モンマルトル=素敵♪
館内、マチス・ピカソ・モディリアニに会えました!
ラッキー♪


<その3> : モビリスDAY。



 両親の思ひ出での地、フォンテーヌ・ブロウへ、1-6エリアのモビリス(一日乗り物乗り放題券)を買って。
ナポレオンが愛したお城があります。階段のぼったら、ちょっと気分いい♪
なか、しまっててはいれなかったよ?定休日は昨日のはずでは・・・?ANW庭に孔雀歩いてました。
羽はみせてくれず、人恐れず。『フォンテーヌ−ブロウ』と鳴くらしい鳥には会えず。

 それで、わたしKuma with モビリス=あてもなく、パリ近郊東西南北電車乗ってました。
フランスはアメリカに劣らず人種のるつぼのようです。
友人いわく、ブラックホワイト隔たりないぶん、アメリカよりずっといいって。
電車長いこと乗ってるとしみじみそれ感じました。
電車は基本放射状に伸びてるので、山手線あったらなぁって思った。
パリ市内は環状線的なのあるけど、地下鉄だから景色見えず。でも
満足DAY!


 12日目からNZでできた、お友達のお宅へ
 TGVに乗って3時間、もう3時間を長く感じない


 
 お宅は、素敵・かわいい・大きいで、ちょっぴり恐縮ioi ゲストルームに3泊しました。
Freeさ。それまで渡り歩いてきたどの宿よりもずっといいお部屋で、ほんと恐縮。
どうしたらよかったかしら?どうもできん、KumaはKumaです。
すっかり甘えてきました。
彼女4人姉妹の3女だったよ!長女さんには会えずだったけど、フレンチGrilsとたっぷりすごして、
やっとフランス気分を贅沢に味わいました。
と、言うのも。Kumaそれまで、11泊コリアンゲストハウスに泊まっていたの。
Mixiで見つけた情報をもとにコリアンBoyに予約してもらってさ。
コリアンのおばちゃんとかお姉ちゃんとか温かいのね、すごぉく居心地よかったよ。
朝晩もりもり韓国料理つき、ぬくぬく部屋、3区で25ユーロ
また泊まりにいきたいです。(パリに戻って出戻り宿泊のとき、すごぉくほっとしたぁ)



 フレンチ一家のお家から電車1時間バス1時間半でモンサンミシェルへ。

 
 フレンチ一家のお家から電車1時間バス1時間半でモンサンミシェルへ。
前日は豪雨だったので心配したけど、晴れたー☆レンヌ駅からのバスは日本の若い女の子みっしりで、
さながら修学旅行バスでしたん。が、城のなかではあまりみかけず?みんなどこいってたんだろう?
さておき、現地到着後Kumaは城の周辺湿地帯をぐるり歩いて、ほんとう、きれい!楽しみましたー♪
さんざ遊んで城内入って、見下ろしたら水浸しになってた!Nice timing!
城内は迷路のようで、って迷路にしてあるんだね。ひとしきりぐるぐるまわったら、
こんなもんかぁって感じで、街に帰りましたとさ。ほんと晴れてよかった!Thanx




TGVでParisへ戻る。


 乗ってる分にはどんだけ早いのかわからんね。でも、料金は日本の新幹線よりずっと安いと思う。
Paris帰ってからの2泊はあっという間だったねぇ。ウィーンで会った女の子に、コリアン宿紹介して合流、
宿で一緒だったアンニュイBoyと3人で夜のお散歩、すごい雰囲気いいの!行ってよかったぁ♪

 で、ユーロ圏出国・・・なんでだ?!チェックインカウンターが飛行機飛ぶ30分前まで開かないの!!
すんごい行列さ!開いたら、さくさく進むんだけど、説明無し、クレームなし、こんなもんかね?
最前列の人きっと2時間以上まってたよ?えらいね。
でさ、世界一周航空券、無料手荷物許容量はPC制(2個まで預けられる)なんだけど、7割の窓口の人は
知らない、かつ、預けられないことに自信満々なのだ。
そこをなんとか、『調べてください、お願い!』と頼んで、これまでFreeで荷物預けてこれた訳なんだが、
Kの番がまわってきたのが飛行機飛ぶ10分前、窓;あせってる+『預けるならお金払え』という→
→K:『調べてください』頼む→やりとり続く→窓;『じゃあいいよ、機内持ち込みな』って。。。→
→K;『すでに、機内分2Bags 7Kgぎり』申告→窓;『いいからとっとと行っちまえ』って、
トランシーバーで伝言してた。
預ける気満々だったから、水物いろいろ持ってたのよ。
でも、背に腹です、捨てるの覚悟でトランジットエリアへ。5分前。。。
Kすっかり忘れていたんだけど、チーズ!チーズ!フランスは安いので、大きいの買って持ってたんだった。
新品あえなく没収T_Tかつ、手荷物全部だして調べられた。
なんでやー!さんざん館内アナウンスされたけど、監察官は淡々と作業こなす。
Kおんなじ工程3度受けました。トリプルチェックは大事よね。。。
機内は入れたの予定時刻ゆうに30分遅れ。
最後は『走って』って、言われて走ったけど、おたくのフォルトでしょう?!

うおぉぅ!な最後・・・。
でも、フランス!やぱりパリ。よかった!また行けますように。



交信記録 扉に戻る