二人三脚のローカルページ 2016年3月 
 今月の話題
3月号 
 

  いつもの散歩道 路傍の雪柳にビッシリとみどりの芽生が、春です 春がきました。 
 皆さ~ん お元気ですか?

 相棒の智津子さんは先月中旬 インフルエンザAにかかり辛いおもいをしました、やはり予防接種はしておいた
 方がよいみたいですね!

 
 光陰矢のごとし
 
 
  幕張に転居して30年になろうとしています。
 貝殻混じりの砂地に杭打ちの音が響きビルが組みあがる、コスモスが咲き乱れていた原っぱに商業施設が
 出現し道行く人が増えゆく、荒涼とした埋立地が近代都市へと変貌する過程を見続けた30年まことに得難き
 体験をさせて戴いたものです。
 古きアルバムを整理していたらその当時の写真が・・・
 大阪の両親が転居後の様子を視にきた時のもので幕張の浜付近を孫と歩く様子を写したものでした、見渡す
 限り草茫茫とした大地の中の一本道を歩みながら母は 父は 何を想ったことでしょうか?
 写真に写る父と今年私は同年齢となります、父が握りし孫に子が産まれ新都心ビル内保育園で元気に遊戯
 する姿と今は亡き父への想いが交錯し、時の流れの早さを今更ながら感じた次第です。
 
 
<info>
 ”話題の広場”ページの故郷紹介に幕張を紹介する記事を掲載しています。

 
 
 帰ってきた迷画?・・・
 
 
  左上の写真 真中の絵の題名は ”除雪夫のいる風景” 。
 この20号の油絵の作者は私、滋賀県長浜にある余呉湖で取材し描いたものです。今年1月に実家の整理で
 戻った折に倉庫に残せし作品と画材のなかから唯一救済したもので、決して後世に残す価値がある作品では
 ない事は言うまでも在りません、とは言え我が青春の数少ない物証 身近に置いておけば少しはボケ防止の
 一助になるかもとの思いもありリビングに掛けてみました。
 
  
 ベランダ情報(特別版)
 

  今回は趣向を変えて生花について薀蓄を傾けたいと思います。
 これからの時期気温の上昇と共に生花の”花持ち”がズンズン悪くなっていきます。これは気温の上昇により
 植物の活性が高まり成長疲労から生じる現象以上に吸水不良が大きく影響していると私は考えています。
 そこで今回生花を少しでも長く楽しむ為の策?を披露させていただきます。

 生花は通常生産地で規定サイズに切り取られ等級別に紙箱に詰められ市場に送られてきます。そこから業者
 に渡り加工(葉取り+水揚げ)されるのですがその間早いもので2日、長いものでは?日掛かる場合もあります。
 根の無い生花の吸水メカニズムは主に葉からの蒸散によるポンプ作用と言われています、然しながら箱から取
 り出した萎れた生花が深水バケツで水揚げされ生き生きしていく様を観察すると毛管現象+深水による圧も重要
 な役割を担っているものと思われます。
 と、ここまでは花屋の仕事、今回の”策”は此処から!

 <テーマ> 購入した生花を一日でも長く楽しむ為には
 <答え>  導管(茎の中心部の白い部分)上写真左から2番目参照*種類により白く無いもの在り、この部分
         の組織を維持する
*たったこれだけ!!
 <対策・方法>
         1)購入後除菌洗剤等で茎部分(花器に入る部分)を洗い 水切りで茎端をカットする。
          
*水切りはされても購入直後の除菌作業を省かれる方は多いのでは?
         2)花器も同様に除菌。
 生花は吸水が滞らねば長く持ちます、その為には導管部分組織の初期状態を保つ!これに尽きます。
 では導管部分の組織を潰す大きな要因は何か?それはバクテリアです、バクテリアに犯され暗褐色に変色した
 導管先端部からは水を取り込むことはできません。冬季低温で発生が抑えられていたバクテリアが気温上昇に
 より活動を活発化させるのがこの時期からです、そしてそのバクテリア増殖の元凶の一つが先の花屋の水揚げ
 バケツ又は販売用バケツと私はみています、使用頻度や使用環境を考えるとこれらのバケツはバクテリアの繁
 殖に最適でこそあれ完全除菌は難しいと思われます、それ故購入後すぐ除菌洗剤で洗い茎端カットする習慣を
 付けられる事を進めます。
 また水は気温が上がれば腐敗しやすくバクテリアの温床になる為、小まめに水換え+花器洗浄と茎端の切り戻
 しを行い導管組織の維持を図ってください。
これだけで延命材を使うより長持ちすると思います!
 
  <追記>
      1)同じ値段の花材であれば茎の太いものを選ばれるとよいですよ!
      2)花器を除菌洗剤で洗った後は綺麗にゆすがず 少し除菌成分が残留する位がよいですよ!
      3)水揚げは”水切り法”以外に 植物の茎組織によって折ったり・叩いたり と色々な方法があります
       ネットで検索すれば色々出てきますのでお試しください!
      4)出来れば花屋さんと親しくなることも! なにかと(?) ・・・

 

 
   扉ページに戻る