二人三脚のローカルページ 2016年5月
 今月の話題

 5月号
 
 
  さぁ~て、どう書き出そう・・・

 書き出しに悩む5月号”今月の話題”であります、眼前に”熊本大震災”と言う巨大な出来事が今だ収束を見ず
 まま立ち塞がり私的な話題の提供を躊躇わせ筆を遅らせ締め切りまじかを迎えてしまいました。
 熟考暫し・・・
 日本国中が下を向いていれば被災地の復興にもマイナスと気持ちを切り替え、いつもの調子で”今月の話題”
 をスタートさせていただきます。
 
   春が足早に過ぎ行こうとしています。
 植樹帯のツツジが満開をむかえようとしています。当地幕張の道路沿いは薄紅の絨毯で賑わい、我が家の
 ベランダではブルーベリーが花を開かせ、眩しい陽光をあびてイチゴが実を肥大させています。
 そして海上に小さなヨットが無数浮かび、渚では遊ぶ人の数も増え初夏の始まり近しを感じさせています。

 さぁ~ 5月、皆さぁ~んお元気ですか?

 

 

 " 時をふむ・・・ ”  歴史散歩に参加させていただきました。
 

  足裏に土塊を感じ、風の匂いに触れ、悠久の時を遡る、行程約8kmのウオーキング まことに得難き一時を
 過ごさせていただきました。

 千葉市政だより・花見川区版3月号に掲載された”花見川区魅力発見 ウオーキング参加者募集!”の記事に
 応募し参加してきました。千葉市花見川区は鎌倉幕府設立に貢献した千葉常胤の子 胤盛(武石三郎)・胤信
 (大須賀四郎)の所領地であった事もあり戦国時代末期までの千葉氏にまつわる史跡や伝承が多く残され、
 又 海・河の恵みにより古くから人が住み暮らし散見される貝塚や古き家並みに豊かな地であることを伺い知
 ることが出来ます、古代ハス(大賀蓮)の種が発掘されたのもこの地でありました。
 1987年に大阪から転居して年月が経った2003年に新旧の幕張を当ホームページで紹介したことがあります、
 その時は幕張の旧街道沿いと武石村落あたりをあても無く自転車で走りまわり取材したものでした。今回は
 巡る範囲も広く前回見落とした処もあり、紹介記事の補強と季節柄桜見物を兼ねて歩くのも又一興との思い
 もあっての参加です。

  さてこのウオーキング参加してビックリ! ただ歩くだけでなく郷土史も学べる!!内容が実に濃かった。
 配られた資料も上質でガイドを務めておられた人の博識と解説の妙には感服し、事象を聞き知ると眼前の
 風景が各も違って見えるものかと改めて実感し時間の経過を忘れ楽しみ学び歩かせていただきました。
 生憎自身の体調がベストでなく集中力に欠ける嫌いがあったのが少々悔やまれ、何時か今回学んだ事象
 を思い出しながらコースを再踏したいと思っています。

  <参考資料>
   1) 花見川区長室のホームページ  (芦ヶ谷区長様の”ブログ”にリンクを貼らせていただきました)
      花見川区魅力発見ウオーキングに参加しました。 (2016年4月2日)
  2) 幕張周辺部を写真で紹介しています。(注)紹介エリアと今回のウオーキングコースとは若干異なっています
      私見 =幕張はこの様なところです=
 
 
 

 手術入院と熊本地震と・・・  「われ ねがう」
 
 
   鼠径ヘルニアの手術を受けました。4月13日入院翌日手術で17日退院の4泊5日、方式は
開腹術(手術歴
  がある為腹腔鏡術は使えず)、腰椎麻酔での手術です。
  さてその手術、前回の大腸癌の手術と比べると小規模な手術、とは言え意識があると言うのは実に恐ろしいもの
  です医師・看護師の会話や動作が知れ、ついつい妄想逞しく恐怖が頭を駆け巡ること1時間余で無事終了、優し
  く 「おわりましたよ~」 と声掛けをしてくれた看護師さんが天使に想えたことは云うまでもありません(笑い)
  病室から出たのは15日昼前下半身の麻痺が治まり尿道カテーテルが取れた後のことでした、
ふらつく足取りで
  ディールームまででかけ”熊本地震”の前震を報じるニュースに接したしだいです。多くの活断層があり火山列島
  と称される日本列島に住む限り避けて通れないと思えど
被災された人びとの姿を観ると遣る瀬無さが募ります。
  営々と築き上げてきた生活のすべが、我が家が・・・崩壊する、なんと無常・非常なことか。
  避難者最大時10万超と聞く、発生から一週間経ち避難所や避難の様子を報道で知り傷病者や妊婦・高齢者の
  方々の難渋している姿が想い浮かんできました、東日本大震災の時は健常者目線で観ていた為か気にも留め
  なかった様々なことが、術傷をかばい歩行も寝返りもままならない今日の我であるから身に沁みて多々感じら
  れます。
  用便のこと、寝床のこと、人の話し声、ゴミ・汚れなどなど それらがその方々に如何に苦痛を強いるものかと、
  「非常事態だから!お互いさまだから!我慢をしましよう!頑張りましょう!」などなどは健常者であるから言え
  ることであります。

  「願わくば避難所の充実と雁行し非健常者に温かな手当てが行き渡りますように・・・」  切にせっに この願い
  適いますよう ただただ祈るばかりであります。

  <メモ>
  
ソケイヘルニアとは、腹を支える筋膜などの指示組織の裂け目より本来お腹の中にある小腸などの一部が
  皮膚の下に脱出してくる症状。

  

 


 ベランダ情報
 
 

  一年間続けてきた園芸作業の成果が目に見える嬉しい季節が到来しました。
 花づくりから果樹・ハーブ作りと栽培種をシフトしてきた為、花種は随分少なくなっていますが それでもこの時期
 色とりどりの花が一斉に咲き誇ればやはり見事!特に孫の誕生花であるベルフラワーは見ごたえのある株に育っ
 てくれました。
 ハーブは、パセリ2種とも中株まで育ち 山椒・ローズマリーともども調味料として役立っています、また気温上昇
 を待ち種を蒔いたバジルも小さな芽を出してきました。 ワイルドベリーの葉っぱもティーになり”のんべい親爺”の
 肝臓機能強化に一役かってくれています。
 
  只今4月下旬、 ランナー更新で5代目となるイチゴも実を肥大化させ栽培クライマックスに向かい最後の頑張り
 を敢行、私は腹傷をかばいながらセッセセッセと
ブルーベリーの人工授粉作業にいそしんでいます。
 そうそう切り戻しをしていたビオラも株姿が回復し花数を日毎に増やしてきました、ビオラの成育適温は5~20度と
 言われています、これから気温の上昇にともないビオラにとっては過酷な成育環境となり煌びやかな姿を楽しめる
 のもあと僅かの間となりますが少しでも長く咲き続けられるよう手入れをして行きたいと思っています。
 
 
  扉ページに戻る