二人三脚のローカルページ V-2
 2014年7月号

 
 
 梅雨真っ只中いかがお過ごしですか?
其れにつけても今年の気象の異常なこと、自然界メカニズムのなせることとは言え、よろずの神仏の怒りを感じずには
いられません。
とは言え、「喉もと過ぎれば何とか」 と 今期の異常気象が収まれば一時の安寧を享受し、ついぞ異常を忘却し、夏が
来たらきたで「暑いぞ!」と叫ぶ、まっこと人間てぇ~奴は!
と云いつつ梅雨模様に囲まれ、焼酎を飲みながらこの文章を組み立てタイプしています、いやはや 自分てぇ~奴は・・
梅雨空の下、鬱陶しい文章でスタートします7月の”話題の広場”ですが、暫しお付き合いのほどお願いします。

 皆さぁ~ん、お元気ですか!!
今月末には、暑い夏・・・ ビールが美味く感じる夏が確実にやってきます、間もなくですよ・・・



 総会に参加してきました。


 6月末、5年前に定年退職した会社の株主総会に、株主として初めて参加してきました。

と云うのも、私は退職日の翌日2009年4月1日から現職の花屋に就職しており平日に大阪で行
なわれる総会には参加することが適わなかったからです。


2014年6月末の総会召集通知の開催地は”東京・飯田橋”となっていました。

経営基盤は創業者一族を離れ久しく、希望に燃えてがむしゃらに働いていた大阪の本社工場も売却
され、本社機能が東京に移された挙句のことでありました。

その一通の通知書を目にし、私は「行きたい」・「行かねばならない」 との想いにかられました、
それは次の”要因”や”動機”からで、あったかと思います。


1)現社長(筆頭株主の息子)の力量を見定めたい。

2)人生の基盤であった会社の行く末への興味。


 私は1949年3月生まれ、その会社は同年10月設立、奇しくも同い年でありました。


1967年4月1日 写真製版(印刷原版)専業メーカー(K社)に入社。
その会社のことは”巨星逝く”で紹介していますが実に私にとっては良き(好き)働きがいのあると
ころでありました。

私が入社した時は、手作業の湿版法から写真製版法に切り替わる近代製版の助走期でありその最先端
技術の写真工程に配属していただき、技術確立後は行程管理を勉強させてもらい、その後営業職も勤
めさせていただきました。「人を育て上げる」まさにその典型のような会社風土での42年間の歩み
は、2009年の社報コラムに”私的社史”として掲載もさせていただきました。

 2014年、雇用格差・閉塞感が漂う今日・・

ただただ、65年前に生を受けたことに
感謝・感謝
もし、私が18~22年前に生まれていたならば同じ道程をたどれたか、とは云え、今日の閉塞感は何とか
しなければなりませんよね!
”株価頼み”の安部首相に過大な期待は・・・、さてさて???

で、あるならば今暫く働いて、少なき税金でも納め ”貧者の一灯”としましょうかね(渋笑い)

 そうそう、若社長
のこと、印象は悪くはなかった。
マキャベツリーが囁きかけます、「何時も幸せでいたいのであれば、時代に合わせ自らを変えねばならない」 と・・
「時代に合わせ文化は進化する」、新しき社長の下、
新しき社風のもとで、新しきK社が再生する。
それでいいのだ、進化は適応と変化・・・
   「奮い立て 再生の騎士たちよ」


 
 
第66期 連結注記表  私的社史(右から 12月号・1月号・2月号・3月号)
 

花梅に実が一つ成りました。
 
 6月半ば、北側ベランダに放置状態にしていた”白梅”に幼果が一つ生っているのを発見。

その梅は、現在地の幕張に引っ越す6~7年前に梅盆栽として購入した樹で入手から約33~4年経過しており購入時は
一回り小さな蒼釉がかかった”平太鼓胴鉢”
に納まり盆栽然とした面構えの樹でありました。
皐月盆栽に魅了されていた当時の私が盆栽屋巡りの折に惰性で購入した樹の一つで、以来 陽の目をみる機会も少
なく、冷遇に耐えて今日に至ったものです。

30数年ぶりに実をなす・・・  さて、如何なる”啓示”・”黙示”なのでしょうか?
植物学的には、自身に危機が迫れば花をつけ実をなし種を作る・・・と、あります。
「構ってくれねば・・枯れちゃうよ・・」と云う意思表示なのでしょうか?

「ハイハイ!!わかりました・・・肥料もあげます、来年植え替えもします・・・完熟したその実は、近くの公園の”梅の実”
さん達と一緒に梅酒にさせてもらいますのでご機嫌を直してください・・・」 と、云うことで梅雨の晴れ間、智津子さんと
久しぶりに散歩を楽しみ目的の梅をゲット、梅酒の仕込みをしました。
さてさて来冬の ”白梅” 開花時には、花見をおこないこの梅酒を飲み、ご機嫌を直して戴こうとしましょうか ねぇ・・・

さて、その味や如何に!!

   
 

ベランダ情報

 
 

 我が家のベランダは只今、さほどの華やかさはありません。
夏・秋咲き種の草花の育成期間として、ペチュニア・アメリカンブルー・ニチニチ草などのピッチを繰り返して株の充実
を図っているからです。
又それに輪をかけることに、本来は今盛りと咲き誇るブラキカム(花期4~11月)を強剪定した負の効果によるもので
もあります。このブラキカム(ヒメコスモス)は、私のお気に入りの花で、寄せ植えの脇役としてベランダの其処かしこ
に植え込み重宝しているのですが、今後より元気に活躍してもらう為に切り詰め(刈り込み)剪定をおこないました。
そのブランクを補うべく トレニア・ナスタチューム・ニチニチ草達が可憐に頑張ってくれていますが役者不足の感は
拭えません。又今期はナメクジ食害が例年より多くみられるようでメランポジュームが顕著に被害を受けています、
このメランポジュームも私のお気に入りの花の一つなのですが花弁を食べられまともに咲いている花は一輪も無い
ありさまで、それもベランダの華やかさを阻害している要因となっています。
その様なベランダの近々の作業予定はオリーブの植え替えです、出来れば7月上旬に行い梅雨期間を養成にあて
盛夏を迎えたいと考えています。

そうそう、”孫にイチゴを食べさせたい大作戦”の進捗状況は、只今 親株となる三郎株を育成充実させている最中で
す。収穫後一時株勢が弱ったので古葉を取り除き新葉を吹かせ直をしているところです、現在かなり株勢も上がって
きて今月中には元気なランナーから子株を採りたいと思っています。
又、新規プロジェクトとして”孫にブルーベリーを食べさせたい大作戦”も立ち上げました。此方の方は手探り状態で
作戦成功の自信はありませんがなんとか達成したいものと願っています。
この”孫にブルーベリーを食べさせたい大作戦”の栽培記録は順次公開していきますので応援の程お願いいたします。

 

   扉ページに戻る