二人三脚のローカルページ V-2 
2014年10月

 

 皆さぁ~ん お元気ですか!
朝・晩随分肌寒くなってきましたね、虫の声も何時の間にか、か細くなり秋到来を感じさせるこの頃です。

8月は土砂崩れ、先月末には大噴火と傷ましい事故が立て続けにおこっています、自然界を征服したが如く錯覚して
いる人類にとって 「まだまだ自然は人知の及ぶところではない」 との警鐘のように私には感じられました。
とは言え、自然をこよなく愛し、山歩きを楽しみにされていた多くの人が傷つき亡くなられた現実に接し、自然の無情に
憤りを感じづにはいられません。


 ホームページ存続させるぞ~
 
 
 先月中旬、OCNから”お知らせメール”が着信しました。

「重要」の文字の後に”page on"サービスの終了告知が記載されており2015年2月28日にサーバーが使用できなく
なるとの事。
私達のホームページ ”二人三脚のローカルページ” は、page
onのレンタルサーバーを使用していますので何らか
の手を講じなければ削除・閉鎖となってしまいます。 
さて困った・・・
「存続すべきか、はたまた 閉鎖するべきか・・・」 ハムレット的心境で考え過ごす事数日、ある出来事に遭遇し存続す
る事に決めました。
そのある出来事とは、井の頭通り代々木上原駅高架下で路上生活している、”森の人”と私的に名付けた人がおられ、
私は配達業務で週3回青山通りから表参道を抜け井の頭通りを走りam7:00頃に彼の人と行き会いすれ違っています。
毎回「お早う」と45キロのスピードで通過しながらつぶやき会釈するのが習慣、とは言え彼の人にとって眼前を過ぎ行
く車の数は数知れず、到底私のことなど眼中には無きが如く、ただただ浅黒き肌に長き髪をたらし片膝立てて通り過ぎ
ゆく車の流れを真ん丸な目を見開きオランウータンが河の流れを見るがごとく、奥深い森に立ち入った人間を観察する
が様相で、微動だにせず鎮座されています。通り来た茫洋たる都心の早朝の鼓動をくぐり抜けてきた私にとってその
風情が妙に心落ち着き、”森の人”氏に行き会い、声かけすることが毎回の喜びでもあり、その日の始動源ともなって
います。その寡黙な”森の人”氏がある日流れ行く車列に向かい語りかけていました、何を語っているのか、身を乗り
出し大声で・・・
ハムレット的心境3日目のその朝、その異様な様子に遭遇し、「存続させる!」と決めました。

その決断の理由は? 啓示??? いやいや、”衝動的決断”、とでもしておきましょう・・・と、ここまで書き進め来て
「なんと大げさな」と、もう一人の自分がささやきかけます。(笑)

 さて、この”二人三脚・・・”のHP開設は2003年7月です。使用機材はPCがMebius-CJ100M/L(Win98)ディスプレ
ーサイズは14インチ解像度は640×480or800×600、通信方法は電話回線接続でした、サーバーにアップロードする
のに非常に時間を要したことを今では懐かしく思い出されます。その面影は掲載写真のピクセルサイズの小ささと、
HPサイズの横幅640pixとして今も継承されています。
知人・友人との私的コミュニケーションツールとして始めたローカルなページも回を重ね、今日では雑多な田舎の
雑貨店のような有様で、これはこれで素人ぽくって気にはいっているのですが如何せんサイト数が多すぎることや
閲覧のしにくさ等々が目立ってきています。
それにSNS全盛の今日、LINE・Twitter・Facebook等々と比べHPは時代遅れ感は拭えません、また閲覧ハードも
タブレットやスマートホーンが主流と成るのは必定「存続させる」のであればそのあたりの改善や、OCNサーバーに
替わるレンタルサーバーの選定・契約も必要になりなかなか頭の痛いことです。

とは言え、ストレスは変革の糧! 本年中には新装公開できるよう頑張りたいと思っています。

さてさて、巧く事が運びますことか? 

 
井の頭通りを跨ぐ 代々木公園歩道橋の壁画


 ベランダ 情報


   
 ラナンキュラス  ムスカリ

ベランダの草花にとって快適な陽気になってきました。
ブラキカム
やエキザカムがボチボチと紫色の花を咲かせ始めました、もう暫くすると株を覆いつくすほどに咲いてくれる
ことでしょう。忘れかけていたバベナもいつの間にかピンクの花を咲かせその存在感をアピールしています。
この時期は、春咲き球根の植え付け期でもあり、私も梅雨前に掘りあげていたシクラメンとラナンキュラスの植え付けを
行いました。
ムスカリは12月に入っての植え付けとなります。このムスカリはあまり早く植えつけると葉っぱが伸長しダラットした姿に
なってしまうのであえて遅めとしています。
それと一期咲きで株勢が弱ったものの処分と、植木棚周辺の清掃もこの時期欠かすわけにはいきません。
鉢底や棚下の掃除をすることによりダンゴ虫やナメクジ等々の発生が軽減され、これまた来春準備の重要な作業の一つ
です。
それとともに先月来、イチゴ栽培4代目株更新株育成や、ブルーベリーの主軸立て、それにレンテンローズ(クリスマス・
ローズ)の古葉切りと、結構いそがしく楽しい季節でもあります。
 
   
 レンテンローズの古葉切り前  左写真の古葉切り後

 

   扉ページに戻る