二人三脚のローカルページ 特別号


 7月、Kumaにとっては、またまたhappyな月となりました。
高校時代からの無二の仲間が、NZ旅行を企画し表敬訪問してくれました。
Kuma の嬉しい感動の気持ちは、送られてきた多くの写真からひしひしと伺いしれました。
S君・H君、両君に親として感謝!ありがとう。

さて、8月号のテーマはNZの季節感についてのレポートとなります。 
「冬の季節感、及び日常・etcなどで気づいた事があればお願いします」とテーマ依頼のメールを
したところ、次のレポートが送られてきました。


本編ー4 7月のニュージーランド生活 (滞在中)
 
 1)季節感について。

 NZの8月、それは冬なんですけれども、ガイドBookに書いてあった^1日の中に四季が
ある^は本当でした。
 私は毎日、6.30a.m.(Japan time 3.30a.m.)に起きている訳ですけれども、そこは極寒
の冬。
地面は霜ではなく確実に凍りついています。冷えを恐れるKumaは、らくだはいて、もこもこ
靴下はいてズボンをGood jobシープブーツにinして、ババシャツ着て、ヒートテック着て、
セーター着て、ネックマフラーの上にダブルマフラーして、ロング手袋とポッサム手袋、
ダウンジャケット着て極めのニット帽子で学校に行くわけです。
 が、冬の次は春な訳。そして、2.00p.mともなると、そこは夏!
常夏という訳にはいきませんが、私どんどん脱いでいくわけです。着物の山になってます。
Class移動とか面白いことになってます。イヒヒ。
そいで、帰宅の4.00p.m.は秋、とっても綺麗な夕焼けと程よい風、湿度が心地よいです。
夜は秋から冬へと移り変わり、翌朝懲りないKumaはまたせっせと着込むのでした。
                                             チャンチャン

 2)Kumaの日常。
 
 in NZ、11Weeks、日常。。。ってなんだっけ?
ご用がない週末など、まだ見ぬ道をとことこ歩いたりなどしても気張らず違和感なくいる
今日この頃です。

 3)Kumaの思いついたエトセトラ
 
 7/6〜9にかけて日本から遠路はるばる友人が遊びに来てくれました。南よりの観光地
Queenstownで落ち合って、Mt.Cook宿泊、最終日の夜は私のHomestay先でパーティの
あと、現地友人も交えてCity Nigft tourしました!。
友達が来てくれるということをNZ friendsは大層羨ましがってくれ、私も嬉しいー!
さんざん甘えさせていただきました。その節はありがとう。
 
 というわけで、今月はその友人の投稿をどうぞ☆

 (NZ扉のページにリンクを入れてあります、ご覧ください。)


 友人の来訪を終えた下旬に、世界遺産の”タスマン氷河”に小旅行したKumaから写真が 
Face Book に投稿がありました。
今月号は、ハードスケジュールで少々お疲れのKumaさんに休養をとってもらうため薄めの
レポートとなりましたが、その代わりとしてタスマン氷河小旅行の写真を抜粋して掲載させて
いただきます。




NZ扉ページに戻る