二人三脚のローカルページ
私見 =幕張はこの様なところです=
 2016年 記
 
        幕張周辺部を俯瞰すると凡そ下図のように区分されるかと思います。
       
       旧海岸線より下部が1960年台に遠浅の海を埋め立てて造成された所で、美浜区(一部花見川区)
       です。A区画の上部ライン上に深緑の帯とグレーの道路状のものが横切っているのが確認できます
       が それが東関東自動車道で、其処から海側 浜田川と花見川に挟まれた場所が”幕張新都心”と
       呼ばれているエリアになります。
       新都心と称されているように都市計画に基づき用途別に区画整理され 凡そ A区画(ビジネス街) 
       B区画(商業施設・宿泊施設・公園・海岸) C区画(文教施設・住居地区)に区分けされています。
       旧海岸線より上部が元から在った幕張と武石の町です、下の俯瞰写真で解るように上部の台地と
       旧海岸線に挟まれるように民家が密集しているのがみてとれます。
       幕張周辺部では貝塚等の遺跡が多く散見され海や河川の恵みを受け古くから人が住み暮らしてい
       たことが知られています。
       また中世(日本史上)鎌倉幕府成立に大いに貢献した千葉常胤の三男 胤盛(武石三郎)が武石地
       域=(花見川区武石)を、四男 胤信(大須賀四郎)が大須賀庄本郷=(幕張町3町目付近)を所領
       し、以降内紛を重ねながらも戦国時代後期まで千葉氏一族の支配下にあり、その影響は点在する
       社寺やお祭り に色濃く残っています。
       江戸時代は奉行所与力の知行地となりサッマイモの試作地としても知られ、幕張台地では芋の他
       人参の栽培等 近年まで盛んに営まれていました。
       1894年(明治27年)に総武鉄道(現JR)開業にともない他地域に先駆け幕張駅が出来るも然程開
       けず、また辺境地?の為か特筆すべき事柄も少なく、台地上での畑作・花見川周辺低地部での稲作
       や沿岸部でのり養殖・アサリ採集・潮干狩り業等の漁労・農労を営む者及び近隣産業就労者が住まい
       し、1960年台の埋め立てを迎え発展的変貌をみずまま今日に至ったものと推測されます。
       1987年大阪から貝殻交じりの埋立地に転居し、2016年の今日まで新都心地域の変貌振りを観て
       きた者にとって旧幕張地域の旧態依然とした様子は歯がゆくもあり好ましくもあります。

       <補足>
       白線囲みの(ア)の区画は、幕張の古き町並みが色濃く残っている所として写真取材したエリアです。
       緑線囲みの(イ)の区画は、武石台地の取材エリアです。
       


 
 
新都心外周部 上図の位置からのスナップです(撮影 2016年2月
 
① 国道14号 凡その旧海岸線であろうと言われています)  船溜跡公園 (漁業権放棄の碑)
② 浜田川(右端 高架橋状の建造物が東関東自動車道) ④ 花見川縁からベイタウンを望む 
 浜田川河口から新都心を望む  ⑥ 花見川河口から新都心を望む
 
  ⑦ 花見川縁から武石台地を望む
 
浜田川河口堤防より観る新都心全景 (写真中央がマリンスタジアム・右端先端部が花見川河口堤防) 

            幕張の特色が現れていると私が感じた場所を写真で紹介いたします。
 
               新都心 (A) ビジネス街のスナップ 
 
               海へりの町並が残る (ア) の周辺スナップ
 
               武石台地周辺 (イ) のスナップ 
 
 
   扉のページに戻る