二人三脚のローカルページ
 市井の画人 山口羊男(芳生) 画(略)歴
 1919~2012
 
  1919年4月25日、奈良県曽爾村の農家に8人兄弟の次男として生まれる。

 命名 羊男。
 長じて 芳生 に改名、老境に入り 羊男 に戻す。
 作品署名は、芳生でローマ字表記



   
18歳の肖像   後列右端
 

 16歳で上府。

市内の印刷会社に見習い工として入社、業務教育の一環として美術教室に通い美術環境に
ふれる。

戦時下は、中国大陸で北支鉄道(華北交通会社)の機関助手として働く。終戦引き上げ後、
活版印刷業に従事、
以後仕事一筋で66歳にて退職。その間、趣味の写真撮影以外の美術
環境とは無縁の生活をおくる。

退職後、大阪市立天王寺美術館デッサン教室に通い学習。

 
   
 
   

 2年間木炭デッサンを学んだ後油彩画に転向、独学で静物画を書き始める

以後、東大阪美術協会会員として活躍。
  
 
 
   
 
 2003年 84歳の時の挨拶文には次のようなことが認められていました。

  「66歳で退職後、大阪市立天王寺美術館にてデッサンに励み以前は、風景画等を描い
 ていましたが年齢を考え静物に転向し現在に至っております。
 美術館友の会・東大阪美術協会に席を置き春秋の美術展に出展・作画に励んでいます。
 私は今年84歳と成りましたが健康の許す限り静物画に専念して充実した余生をすごし
 たく心がけている毎日です。」                           2003年 記



   

 2004年11月3日、東大阪市文化連盟功労者表彰 受賞。
 

90歳を目前にする頃から、絵の具を溶く油によるアレルギーが出始め以来作画行為から遠ざかる。
右下写真左端の ”おかめ ひょっとこ” 油彩画が、絶筆となる。
 
   

 2012年8月30日、天寿を全う 享年93歳。

2012年9月1日、告別式会場にて一部作品を展覧。(生前頑なに個展を固辞し続けていた故人にとって
最初で最後の作品展となった。)
 
   
   
   

 主の居なくなった画室3景。

カンバスや額等の画材の粗方は生前の画友に引き継いでいただき、残された作品は親族・知人・関係
機関に分散贈与され、それぞれの贈与先で飾られ生かされています。


   
  
   作品紹介 扉に戻る